株 向いてる人

株で勝てて助かってます

僕は現在30歳で、田舎でプログラマーをしています。一時期は残業代がけっこうもらえてプログラマー一本で食べていけてたんですが、近頃は残業規制が厳しくなってきて、なかなか本業だけでは苦しい状況になってきました
そんな不穏な気配を察知して、僕の会社ではわりと早い段階から副業を始める人がたくさんいました。僕もいろいろ手を出してみたものの、本業が忙しくなってくると副業のほうは放置状態になってしまうのでなかなか続けられませんでした。
そこで、ある程度ほったらかしでも稼げるようなものを探すことにしました。いろいろ候補はありましたが、やっている人も多い株式投資をすることにしました。
始めた頃は、けっこう調子がよかったんですが、だんだん調子に乗ってきて無茶な買い方をして大損してしまったりしました・・・
けっこうな金額を失ったとき、「これはイカン!ちゃんと安全で確実に勝てる方法でやらなくては!」と思い、株について真面目に勉強することにしました。
その甲斐あってか、今では安定した収入が入ってくるようになりました。

 

株で負ける人の特徴

まず、僕の実体験と調べた中で、株で負けちゃう人、勝ち続けられない人の共通点について書いていきます。

 

株価に一喜一憂する

 

株価は常に変動しています。
ちょっと上がったら、「今売ったらいくらの儲けだな〜」と思って、下がり始めたら、「ヤバイヤバイ!早く上がってくれー!」と、ずっと張り付いて監視しているようだとまともな判断ができなくなります。
いずれ、下がった時に我慢できなくなって売ってしまい、待ってれば儲けることができたのに損してしまうことになります。

 

お祭り銘柄に飛びつく

 

東京オリンピックが決まった時、翌日は建築業界が軒並みストップ高になっていました。
まだまだ上がると思った僕は、とあるゼネコン会社の株に飛びつきました
そして、買った株は翌日もその翌日も上がり続け、たった3日で数十万円のプラスになりました。
しかし、事態は急変。イケイケモードで上がっていた相場は一転して軒並み爆下げ状態になりました。
あわてて売ろうとしてもストップ安で買い手がつかない状態・・・!
なんとかその翌日に売ることができましたが、結果はマイナスになってしまいました。
オリンピック決定で盛り上がる中、僕は一人で落ち込むハメに(笑)

 

こういうお祭り銘柄はどこまで上がるか、いつ下がるかというのは分かりません。
結局ギャンブルになってしまうので、お祭り銘柄は要注意です。

 

投資スタイルがバラバラ

 

株式投資のスタイルとしては、株を持っている期間の長さで大きく3種類に分かれます。

 

短期投資、中期投資、長期投資の3つです。
短期投資は、1日〜3日ほどで売買するスタイルです。1日の内に何度もトレードするデイトレードもこの中に入ります。

 

中期投資は、数週間〜数か月の間持っておくスタイルです。
それ以上長い期間ずっと株を保有しておくのが長期投資です。

 

一般的には、短期投資が一番難しく、長期投資が初心者向けといわれています。
しかし、初心者ほど大きく稼ぎたいと思って短期で売買してしまうものです。そしてあえなく失敗するという・・・

 

最初に、自分は長期投資なら長期投資と決めてしまって、どっしりと構えていないとちょっとした株価の上下に振り回されてしまうことになります。

 

損切りできない

 

僕が勝てなかったのは、これができないことが一番の理由だったと思います。
自分が上がると信じて買った株。多少下がったとしても諦めたくありません

 

買った株の会社の決算が悪くて株価が下がった!
これは一時的なものだ。この会社の製品はいいものだからいずれ必ず上がるはず。ここで売ってしまうのはバカのやることだ!

 

次の日・・・
株価は前日より大幅に下がっていました。
弱気なヤツらが売っちゃったんだな。我慢すればいずれ上がるのに。

 

そして数か月後・・・
株価は買った時の3分の1ほどに下がっていました。。。

 

最初の下落時に売っておけばわずかな傷で済んだのに、大事に取っておいた結果、大ダメージを負うことになってしまいました。ぜったい上がる株なんてあるわけがありません。もしも下がったとしても、速やかに損切りをしないとこの世界では生き残れません

 

 

じゃあ株式投資が向いてる人はどんな人?

 

それでは、本題の株に向いてる人ってどんな人でしょうか?
結論としては、上に書いたことの真逆の人が向いていることになります。

 

一言でまとめると、感情に流されず、自分の売買ルールを持ってる人が株に向いてる人です。

 

〇〇円下がったら絶対損切り!

 

株を買うときに、これから何円下がったら売る!って決めてしまいましょう
実際に下がると、冷静な判断ができなくなってしまいます。初心者は特にそうです。
絶対に守るルールとして最初に決めておくことが大切です。

 

〇〇円上がったら利益確定!

 

反対に、株価が上がったときもいくらになったら売るかを決めておくといいです。
上がり始めると、まだ上がる・・・まだ上がる・・・と思って持ち続けてしまって、結局売り時を逃してしまいがちです。

 

売るタイミングを最初に決めておけば、大きく損することは無くなります。
ちなみに僕は、勝った時の価格の+-5%になったら売っています。

 

 

お勧めの証券会社

ともあれ、株取引のセンスは実践で磨くしかありません。
少額からでいいので、実際に売買を始めてみましょう。
ここでは、お勧めの証券会社を紹介します。

 

SBI証券


HYPER SBIという取引ツールが便利です。月500円払えば使える有料ツールなんですが、月1回株取引をしていれば無料で使えちゃいます。チャート分析しながら売買もできるのでとても使いやすいです。
人気が高いIPO(新規公開株)の取り扱い数が多いことも魅力です。簡単にいうと、会社が株式市場に新しく上場する時に最初に設定された価格で買える権利のことです。業績のいい会社は必ずといっていいほど儲けられるので、買える権利が抽選で当たるようになっています。SBI証券では、IPOが外れると、次の抽選では当たりやすくなるシステムがあります。続けるごとに当たりやすくなる宝くじみたいなものですね。
SBI証券の口座開設はこちら

 

楽天証券


あのネット通販の楽天が運営している証券会社です。人気の理由は、知名度だけでなく、ツールが魅力的だからです。楽天証券に入ると使えるマーケットスピードというツールは、四季報やリアルタイムの企業ニュースが無料で閲覧できちゃいます。さらに、日本経済新聞などの経済誌が無料で閲覧できます。このツールは有料で月2500円かかるですが、普通に株取引をしていればずっと無料で使えます。
楽天証券の口座開設はこちら

 

 

全くの初心者でもいきなり儲けられる方法

僕がいろいろ試行錯誤してきた中で、「これは・・・!」と思えるものに出会いました。
最初からこの商材のとおりに株取引していれば、こんなに苦労することなく稼げただろうなあと思います。

 

株リッチプロジェクト


株の中には、仕手筋と呼ばれる投資集団が意図的に株価を急上昇させる株(=仕手株)があります。
仕手株の特徴は、株価がとても低い状態が何ヶ月も続き、いきなり株価が何倍何十倍にもなることです。
株リッチプロジェクトでは、この仕手株を株価が低いときから見つける方法を教えています。
もちろん、売買ルールも具体的に教えてくれるので安心です。
また、購入後にfacebookで友達申請をすれば、購入者コミュニティに参加することができます。同じように株でがんばっている仲間を作ることができます。

株リッチプロジェクトを購入する

 

 

値段が約3万円とけっこう値が張りますが、すぐに元がとれます。
一般書籍も出しているので、一度本を読んでみてやってみたいと思ったら商材を購入してみてもいいと思います。

 

初心者でもがっぽり儲かる 大化け「低位株」投資法

 

 

教材の中では、松井証券の「ネットストックハイスピード」という分析ツールを推奨しています。
松井証券の口座を作っておくだけで使えるので、先に口座開設だけしておくといいですよ。